新着情報

新着記事

2016年03月18日

144号 役立つ国際ロジスティクスマガジン発行

◇◆国際ロジスティクスマガジン◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<vol.144>2016/03/18━━
編集・発行 株式会社 共和商会  志賀 盛孝
======================================================================

目次
1. 貿易コスト
----------------------------------------------------------------------

1. 貿易コスト

海外取引についてのコストのお話しです。

輸出をするにしても、輸入をするにしても、コストの話は度外視できません。
例えば、輸入の場合、購入しようとする商品が手元に届くまでにかかるコストを
把握しないと、国内販売価格の算出ができません。
当然のことながら、海外の売り手の出荷時の価格だけでは、
判断することはできません。
となると、どういったコストが発生しうるのかの認識が重要となります。
合わせて、リスクもコストに含んでおくことも重要となります。

まずは、一般的なコストです。

出荷時の価格に、船に積み込むまでにかかる費用
つまり、商品への輸出用の梱包費用、港や空港までの運送費用、
輸出通関手続きや書類の作成費用、船や飛行機に積むための作業費用。
リスクとしては、税関検査があった場合の費用を見ておく必要があります。

次に輸送費用です。航空運賃や海上輸送運賃ですが、ここの注目するのではなく、
その他のサーチャージへ注目します。運賃以外の別項目で、
さまざまな費用が発生します。
特に海上輸送の方が、その他費用項目が多岐に渡ります。
運賃以外には、燃料サーチャージ、為替調整サーチャージ、ドキュメントチャージ、
コンテナ需給バランス調整チャージ、港でコンテナを動かすチャージ、コンテナへの
貨物の積み下ろしチャージ、コンテナ封印代、輸出先国の税関への事前申請費用、
テロ対策としての各港でのセキュリティーコスト、スエズ運河など運河の通行料、
海賊対策の負担費用、戦争リスク費用、厳寒国向け冬季限定追加費用、などなど、
運賃以外に多岐な項目が発生します。

取り引き相手国の地理的要因や治安情勢により、
掛かるコスト、掛からないコストがありますが、
日本国内の運送費用の概念とは、まったく異なります。

次に、空港や港に到着してから到着までの費用ですが、これは、
輸出時にかかった項目とほぼ、同じ項目で費用が発生します。

上記とは別に海上保険料もコストとして掛かります。

そして、輸入関税。輸入時に消費税の納税もありますが、消費税は、
国内消費税との調整になりますので、全額がコストということではありませんが、
輸入関税は全額コストになります。

これらは、一般的な貿易の際のコストですが、
実際には、潜在的なコストが潜んでいることを忘れてはいけません。

よく言うのが、為替リスクです。
数年前の1ドル80円が今や1ドル120円です。
1.5倍、外的要因のみで、損益が変動しているのです。

その他にも目に見えないリスクがコストとなって現れる時があります。

このあたりは、正直、経験が物を言います。

海外取引を円滑に進めている会社さまは、それ相当の授業料を過去に
お支払されているように思います。

───────────────────────────────────
   Copyright(C)2001-2016 Kyowa Shokai Inc.  All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年08月11日

夏季休暇のご案内

誠に勝手ながら下記期間を弊社の夏季休業とさせていただきます。
2015年8月13日(木)?2015年8月16日(日)

皆さまには大変ご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。
尚、2015年8月17日(月)より、通常通り、営業致しております。

2015年08月11日

143号 役立つ国際ロジスティクスマガジン発行

◇◆国際ロジスティクスマガジン◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<vol.143>2015/08/11━━
編集・発行 株式会社 共和商会  志賀 盛孝
======================================================================

目次
1. 海上保険について
----------------------------------------------------------------------

1. 海上保険について

日常生活の中でも、さまざまな保険がございます。
生命保険、自動車保険、火災保険、などなどです。
貿易を行う際にも、輸送中の事故に対応する海上保険がございます。

海上保険は、貿易条件とも密接に結びついてきます。
FOB , C&F であれば輸入者が、CIFであれば輸出者が掛けることなります。

よく、『運送中の事故については運送会社さんが補償してくれるはず。』と
お考えの方もおられるます。
ところが、私が言うのもおかしいですが、
誠に残念ながら、運送会社さんの補償は期待薄です。

国際輸送の考え方はそもそも、大航海時代の考え方から起因していると
考えます。
『国王が船を用意してくれたので、一攫千金を夢見て乗りたい人は、
乗っていいけど、乗った人達で何があっても連帯責任でね。』
つまり、『船が無事に着かなくても、乗った人の責任。』
『嵐で沈没しかけても、みんなの責任で助け合ってなんとかしてね。』
って、感じです。
もちろん、現在の船は、当時とは違いますので、安全性は段違いです。
それでも、考え方は、あまり変わっていないようです。

例えば、『共同海損』というものがあります。
これは、船が航行中に火災などの海難事故に会い、船も積載貨物も危険に
さらされた場合、船長判断において、船を救う為に、貨物を海に捨てたり、
救助を呼ぶことがあります。
こんな場合の費用や損害を、船会社と積載貨物の所有者との共同で負担する
という制度です。

大航海時代の考え方っていうのが、お分かり頂けるかと思います。

海上保険は、運送中の商品に対しても損害だけでなく、上記の『共同海損』も
補償してくれるものなのです。

商品に対してはこんな場合に、補償してくれます。
良くあるのが、運送中における商品の
水濡れ・破損・盗難
です。
但し、気をつけないといけないのが、
梱包や積み付けの不備の場合は、保険がおりない場合があります。
また、運送の遅延は補償されませんし、
事故が起こった為発生した遅延金や廃棄費用などの間接費用も
補償されません。
また、商品によっては保険取扱いできないものもあります。

それでは、必ず、海上保険は掛けなくては、いけないのでしょうか?
海上保険も保険ですので、必ず掛けなくてはいけないものでは、ありません。
商品の損害や共同海損の場合の費用負担のリスクを理解の上で、
掛けていらっしゃらない場合もあります。
商品の価格や形状によって、リスクが異なると思っています。
例えば、落としも壊れない物もありますし、
保険料と過去の自社の損害頻度と商品価格と勘案して、
リスクを取られる方もおられます。
合わせて、免責事項をよくよく理解しておく必要があります。

商品の特性、価格、保険料率、これまでの事故頻度など
リスクと自社の現状を理解した上で判断することが肝要かと思います。

2014年09月18日

141号 役立つ国際ロジスティクスマガジン発行

◇◆国際ロジスティクスマガジン◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<vol.141>2014/09/18━━
編集・発行 株式会社 共和商会  志賀 盛孝
======================================================================

目次
1.  FOB , C&F(CFR) , CIF
----------------------------------------------------------------------

1. FOB , C&F(CFR) , CIF

貿易条件の選択には『コツ』があります。

ご存じのとおり、 FOB , C&F(CFR) , CIF というのは、
貿易決済における取引条件の内容です。
数ある取引条件の中でも、特に日常的に使用されているのがこの3つの取引条件
であります。

まずは、この3つの条件について整理して行きます。

決して難しいものではなく、単純に足し算して、売主、買主で費用負担と
作業負担を決めるだけのお話しです。

日本国内の取引においても、商品価格を決める際には、さまざまな条件を
加味されると思います。
仕入れ値に、加工賃、利益、梱包費、諸経費、配送費用などなどを加えるのと
同様に、海外取引でも、さまざなな費用項目を考慮します。
一番ベースとなる価格が、出荷時点の価格です。
工場で出荷した時点で販売した場合の費用や倉庫出荷時点で販売した場合の
費用です。

いわゆる、EX-WORKS, EX-WAREHOUSE とういう取引条件です。

これから、足し算をしていきます。

1.FOB

工場・倉庫出荷価格に、船に積み込むまでにかかる費用を足したものが
FOB(Free On Board)です。
つまり、工場や倉庫を出発して、港や空港までの運送費用、輸出通関手続きや
船や飛行機に積むための書類の作成費用や作業費用を加えると、FOB価格に
なります。
この場合は、輸出通関は売主の責任において行うこととなり、税関検査が
あった場合の費用なども
売主において負担する必要があります。

2.C&F(CFR)
COST & FREIGHT の略で、FOB価格に売り先の指定港到着までの運賃を
加えた価格です。

3.CIF
COST , INSURANCE & FREIGHTの略で、FOB価格に海上保険料と到着までの
運賃を加えたもので、
C&F に海上保険代を加えた価格です。


売買代金に含まれていない費用及び作業は、買い手が負担するという訳です。

ここまでは、貿易の本やネットで調べれば、難しいことでは、ありません。

どの条件を選べば良いかというのがポイントです。

ここでは、どの条件の価格が安いか高いかを重要視しません。
危険負担の有利不利も気にしないでおきます。

どの条件が、自社にとって、本当に便利でメリットの大きい条件であるかが
重要だからです。

1.従業員には本業に注力してもらい、輸出入業務に時間を取られたくない場合
 
こんな場合には、輸出の場合はFOB、輸入の場合はCIFがいいでしょう。
輸出の場合は、買い手が指定した船会社への船積みになり、
輸入の場合は、積載船会社も海上保険も売手にお任せすることとなります。

相手先にお任せすることに、業務負担を減らすことになります。

2.費用内容を自分で把握したい場合

輸入される場合には、特に費用内容が気になると思います。
この場合にはFOBがいいでしょう。
海上運賃や海上保険料など日本側でお手配することにより、
船積み以降の費用が明確になります。
その分、船会社さんとの折衝や売主に対しても船会社の情報提供など、
ひと手間かかります。

3.出荷予定や到着予定を自身で管理して、在庫管理やリードタイムを
明確にしたい場合

輸出の場合は、C&FかCIF、
輸入の場合は、FOBがいいです。

輸入の場合、数ある船の中から、出荷できる日と到着して欲しい日の調整を
この船の選定により行うチャンスが持てます。
相手にお任せしていると、早く欲しくても、安くて遅い船に載ってることも
起こりえます。

輸出の場合は、先方の要望もありますが、こちらの出荷状況や保管状況にも
かかわります。
相手の指定船会社さんですと、融通が効きにくいですが、
自社で手配することにより、
選択肢を増やすことができます。数ある船会社の中から、
自社の都合と相手の到着希望に
合わせてチョイスするとよいでしょう。

貿易条件の選択は、費用の面からだけでなく、それぞれ一長一短ある中から、
自社に合った
一長を選択することが肝要です。

ただ、数あるインコタームズの貿易条件の選択において、
僕的に基本原則があります。
それは、『輸出責任は輸出者が! 輸入責任は輸入者が!』です。

なぜかっていうお話しは、次号にて。

 

2014年05月26日

140号 役立つ国際ロジスティクスマガジン発行

◇◆国際ロジスティクスマガジン◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<vol.140>2014/05/26━━
編集・発行 株式会社 共和商会  志賀 盛孝
======================================================================

目次
1. 輸出入通関時の注意点
----------------------------------------------------------------------

1.輸出入通関時の注意点

通関時の注意点について、ぜひとも押させておきたいと思います。
確認すべき事項は、多岐に渡ります。

もちろん、輸出入しようとしている商品、金額や数量、関税率分類を確認します。
その他に、輸出であれば、輸出貿易管理令に気を付ける必要があります。
輸出貿易管理令について言えば、化学兵器や武器など軍事利用や転用を防ぐ物です。
もちろん、輸出先の国も対象になります。

輸入では、輸入貿易管理令、食品衛生法、家畜伝染病予防法、薬事法、
麻薬取締法、化学物質審査規制法、知的財産保護の法律などと言った、
消費者保護であったり、自国の国民の安全や健康を守るといった規制が
ポイントとなります。

輸入貿易管理令であれば、武器などのような物もありますし、
魚のような水産資源もあります。
安全面から産業保護まで、幅広いです。
水産資源であれば、種類により定められ、
輸入数量や予め定められた輸入できる会社しか輸入できないなど
決められております。

次に、正しく関税が納税されているかです。
正しい関税率分類がなされているか?申告価格が適切であるか?
税に関することであり、当然、確認されることになります。

もう一つは、原産国です。
これは、原産国により関税が異なるからです。
例えば、中国製の場合は、2年前から大幅に優遇税率の関税である
特恵関税の適用除外の品目が大幅に取り入れらました。
台湾や韓国は元々、特恵適用国でしたが、10年以上前に無くなっています。
これは、自国の産業保護の観点もありますが、
発展途上国の産業の発展を援ける意味合いがあり、
先進国と発展途上国では、適用される関税が異なっているのです。

それと、合わせて、消費者保護の為でもあります。
偽った原産国の表示はもちろんのこと、消費者に誤解を与えるような表記も、
してはならない事となっております。
生産国のもっているブランドイメージという物があります。
生産された国のイメージは、商品購入に際しての消費者の購買動機になります。
この為、原産国の表記についても、注意を払う必要あるのです。

 

2014年01月21日

139号 役立つ国際ロジスティクスマガジン発行

◇◆国際ロジスティクスマガジン◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<vol.139>2014/01/21━━
編集・発行 株式会社 共和商会  志賀 盛孝
======================================================================

目次
1. 船会社を始めたら・・・・・
----------------------------------------------------------------------

1.船会社を始めたら・・・・・

明けまして、おめでとうございます。
本年最初のメルマガでございます。
今年もボチボチですが、続けたいと思います。

初夢じゃないですが、夢のような気分で、船会社さん始めたらどうなるかな?
って、考えてみました。

船会社さんを始めようと思ったら、当たり前ですが、それ相応の船を揃える
必要があります。
そして、お金の話は無視して、どこにどう配船してみようかな?
それによって、揃える船の大きさや数も変ってきます。

上海と日本のメインポートなら、大きな船でなくていいので、700TEUぐらいで、
サービスとして週2便できっちりシャトルで回したい。
例えば、上海・寧波?東京・横浜 のようだと、スケジュールが崩れやすい。
できば、中国の寄港地は1つが望ましい。
これなら、2船あれば、何とかなりそう。
スケジュールの基本はウィークリーサービスなんで、
金曜日上海⇒月曜日東京⇒火曜日横浜⇒木曜日上海着 
日曜日上海⇒火曜日東京⇒水曜日横浜⇒土曜日上海着 
こんな感じでどうでしょう?

欧州航路だとどうだろう?
こちらは、週1便でしょう。その分、10000TEUぐらいの大型船になっちゃうよね。
寄港地も、頭を悩ますでしょうね。
東南アジアをどう寄港するか?入れる港も限られるし。。。
それはそうと、何船必要なんだろう?
週1便として、欧州まで35日ぐらいは見とかないと。
そっか、でも帰ってくるから、往復で70日。
70日ということは、1往復するのに10週間。
とういうことは、ウィークリーサービスを維持しようとすると
10000TEUの船が10船いるってことか!

これりゃ、1社で維持するが大変なわけです。リスクも相当大きいし。
となると、アライアンスを組んで、何社かで共同で運行している現状は
当然の成り行きですよね。

こじんまりと、週1便で、くるくる回すのも悪くない。
敢えてメインポートを避けて、地方港同志をいくつも寄港して回ってみます。

こうやって見てみると、たくさんの船会社さんが、
同じ様に、外国航路を運航しているように思えますけど、
戦略的要素が大きいですね。

どちらにしても、僕の貧乏性では、船を持つのは夢のまた夢ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 発行者 (株)共和商会のWEBサイトは!
 → http://www.rubiconem.com/  

■ 登録・解除・バックナンバーは!
 → Melma!(http://www.melma.com/ ) ID:m00049416 & 00153762
 →『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/  ID:0000079413

■ ご意見・ご感想は!
 → shiga@rubiconem.com

■ 著作権情報
 著作権は株式会社 共和商会、またはその情報提供者に帰属する
 ため、無断転載は禁止します。

───────────────────────────────────
   Copyright(C)2001-2014 Kyowa Shokai Inc.  All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2013年12月16日

アジア域内航路 THC値上がりについて

アジア各国より、日本に入ってくる本船の

THC(Terminal handling Charge=日本到着港でコンテナ移動費用)が
2014年1月1日船積より値上がりし、次の通りとなります。

20FEETコンテナ   JPY30,000 ※値上がり金額JPY5,000-5,800
40FEETコンテナ   JPY45,000 ※値上がり金額JPY2,800-8,000

※値上がり金額は、航路によって異なります。

詳細は船会社のホームページなどご確認くださいませ。

2013年12月16日

2014年 中国の祝祭日について

2014年 中国の祝祭日について

中国国務院より、2014年の中国法定休暇が、下記の通り発表されております。

春節・国慶節の長期休暇は、その前後も含めまして、

中国での輸出入業務がたいへん混み合いますので、ご留意くださいませ。

また、2014年の春節は、例年より時期が早いので、特に注意が必要となります。

                         記

元旦    1月1日(水)

春節    1月31日(金)-2月06日(木) 7連休 ※1月26日(日)、2月8(土)は振替出勤

清明節 4月05日(土)-4月07日(月) 3連休

労働節 5月01日(木)-5月03日(土) 3連休 ※5月4日(日) は振替出勤

端午節 5月31日(土)-6月02日(月) 3連休

中秋節  9月06日(土)-9月08日(月) 3連休 

国慶節 10月01日(水)-10月7日(火)7連休 ※9月28(日)、10月11日(土)は振替出勤


                                                  以上

2013年06月27日

137号 役立つ国際ロジスティクスマガジン発行

◇◆国際ロジスティクスマガジン◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<vol.137>2013/6/27━━
編集・発行 株式会社 共和商会  志賀 盛孝
======================================================================

目次
1. 貿易政策 後編
----------------------------------------------------------------------

1.貿易政策 後編

各国の輸出、輸入の規制を見ることにより、
その国がどこに重きを置いているかが見えてきます。

輸入は、
輸入貿易管理令、食品衛生法、家畜伝染病予防法、薬事法、麻薬取締法、
化学物質審査規制法、知的財産保護の法律などなどいろいろと出てきます。
これに、関税もあります。

輸入の規制は多岐に渡ります。
分かりやすいのは、人体の安全を守り、悪影響を防ぐことです。
口に入る物(食物)、触れるもの(食器)、直接皮膚などに付けるもの(化粧品)、
など、健康に関する物の規制が多いです。
これは、おおむねどこの国も同じような品目になりがちです。

商品によっては、思いがけない物が、規制対象であったりします。
例えば、乳幼児向けのおもちゃですと、赤ちゃんが舐めたりしますので、
食品衛生法に該当するものがあります。
機械に内蔵されているバッテリーには、硫酸が使用されています。
状態によっては、これが、麻薬及び向精神薬取締法の規制にあたります。

一方、国内産業の保護の観点から、守りたい産業分野においては、
高い関税を掛けたり、輸入そのものを禁止したり、
数量などで制限を設けたりします。
こちらは、国により、守りたい自国の産業が異なります。
代表的な物ですと、日本であれば、農業であり、アメリカ合衆国では自動車と言えば、
分かりやすいかと思います。
知的財産保護に関する法律も、こちらに入ります。

関税も大きな規制と言えます。
守りたい産業や商品には高い関税率を、自国にとって輸入することが不可欠で、
産業の妨げにならず、必要な物には低い税率を掛けることで、コントロールします。

逆に言えば、どこの国や地域からの取引を優遇しているが分かります。。
以前ですと、発展途上国、WTO加盟国といったくくりであったのが、
現在では、経済連携協定により国ごとに異なります。
今、話題のTTPもそうですし、日本だけでなく、EUでもそうですし、
各国がそれぞれに協定を結んでおりますので、企業に置き換えますと、
自社製品が最終どこに行くのかにより、生産する国を決める必要もでてくると
いうことです。
例えば、上記のアメリカ向けの自動車でも、日本からアメリカへ輸出する場合と、
メキシコからアメリカへ輸出する場合とでは、アメリカでの輸入時の関税が
大きく異なります。

海外への進出を検討する場合、候補になっている国が何を守り、
何を促進しようとしているのか?
と言った観点から見るもの必要なことだと思います。
ミスマッチの進出だと、双方となって悲しいことになってしまいかねません。

----------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 発行者 (株)共和商会のWEBサイトは!
 → http://www.rubiconem.com/  

■ 登録・解除・バックナンバーは!
 → Melma!(http://www.melma.com/ ) ID:m00049416 & 00153762
 →『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/  ID:0000079413

■ ご意見・ご感想は!
 → shiga@rubiconem.com

■ 著作権情報
 著作権は株式会社 共和商会、またはその情報提供者に帰属する
 ため、無断転載は禁止します。

───────────────────────────────────
   Copyright(C)2001-2013 Kyowa Shokai Inc.  All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2013年03月13日

136号 役立つ国際ロジスティクスマガジン発行

◇◆国際ロジスティクスマガジン◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<vol.136>2013/3/13━━
編集・発行 株式会社 共和商会  志賀 盛孝
======================================================================

目次
1. 貿易政策 前半
----------------------------------------------------------------------

1.貿易政策 前半

各国の輸出、輸入の規制を見ることにより、
その国がどこに重きを置いているかが見えてきます。

まず、基本的に輸出と輸入とでは、各国の姿勢として
輸出は積極的、輸入は消極的と言えます。

輸出が活発ということは、貿易収支で黒字となり、
外貨を獲得でき、国内経済も潤います。
輸入の方が活発ということは、貿易収支で赤字となりますし、
自国の産業の存続にもかかわります。

30年ぐらい前の日本と今の日本って、感じです。

規制について言えば、輸入と比べると輸出の方が圧倒的に少ないです。
規制が多いということは、それだけ妨げが多いからです。
○○障壁という言葉を良く耳にすることでしょう。

思いつく規制をざっと書き出してみます。

輸出について言えば、パッと出てくるのは、
輸出貿易管理令とバーゼル条約ぐらいでしょうか。
その他と言えば、植物防疫法とかな。
以前は輸出検査法などありましたが、今は無いですし。。。

逆に輸入は、
輸入貿易管理令、食品衛生法、家畜伝染病予防法、薬事法、麻薬取締法、
化学物質審査規制法、知的財産保護の法律などなどいろいろと出てきます。
これに、関税もあります。

輸出については、自国の産業の促進につながり、
輸入は、自国民の安全と自国の産業の保護が必要となるからです。

この考え方は、日本独自の物でなく、どこの国でも共通のベースとなる
考え方になっているように思います。

ですので、日本で海外向けに生産されていた企業さんが、
海外に進出した場合でも、基本的には、通用する考え方です。

輸出貿易管理令について言えば、
化学兵器や武器など軍事利用や転用を防ぐ物です。

バーゼル条約は、産業廃棄物を海外へ持ち出すことの規制です。

輸出検査法のような法律は、発展途上国では、見受けられる規制です。
これは、輸出を規制するというよりは、その国のブランド力を上げる為の法律
とでも言うのでしょうか。
品質の悪い商品を世界に輸出されると、その国の生産品自体が悪印象になって
しまいますので、輸出前に検査をして、粗悪品の輸出を防ぎ、
品質基準を満たした物のみが輸出できるというものです。

対象品目を見れば、その国がどういう品目に力を入れて輸出振興したいかが
見えてきます。
『MADE IN JAPAN』というだけで、信用やブランドとなっていることから、
分かると思います。

続く

----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 発行者 (株)共和商会のWEBサイトは!
 → http://www.rubiconem.com/  

■ 登録・解除・バックナンバーは!
 → Melma!(http://www.melma.com/ ) ID:m00049416 & 00153762
 →『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/  ID:0000079413

■ ご意見・ご感想は!
 → shiga@rubiconem.com

■ 著作権情報
 著作権は株式会社 共和商会、またはその情報提供者に帰属する
 ため、無断転載は禁止します。

───────────────────────────────────
   Copyright(C)2001-2013 Kyowa Shokai Inc.  All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━