スタッフブログ
メニュー
「その他 貿易や国際物流」に関すること
「規制(輸出)」に関すること
「規制(輸出入)」に関すること
「規制(輸入)」に関すること
「通関(輸出)」に関すること
「通関(輸出入)」に関すること
「通関(輸入)」に関すること
「輸送(輸出)」に関すること
「輸送(輸出入)」に関すること
「輸送(輸入)」に関すること
国際物流雑学
通関に関すること
輸出に関すること
輸入に関すること
メニュー
海外仕入れも検討しましょう
通関業者のできること
輸入でしか入手できないものは直接輸入も検討しましょう
直接輸入のすすめ
日本で企画し、海外で製造した製品を、日本へ輸入する場合の注意点(2)
メニュー
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年06月
2020年05月
2019年10月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
株式会社共和商会のサービス
ちょっとカーゴ便
ぐるっとアジア便
輸出入規制リサーチサービス
輸出入手続き
コンテンツ
共和商会の強み
共和商会のサービス
事例紹介
プロのアドバイス
会社案内
よくある質問
お問い合せ
スタッフブログ
お問い合せ
株式会社共和商会
〒550-0021
大阪府大阪市西区川口3-6-24
TEL:06-6581-1431
FAX:06-6581-1433

「通関(輸出入)」に関することの記事

2021年02月16日

通関業者のできること

こんにちは、共和商会の林です。

弊社は、通関・港湾運送・貨物利用運送などを行う国際物流業者です。

と言っても、一般の皆さんには、実際に何をしているのか分かりにくいと思います。

私個人としては、何をしている会社か聞かれた時は、
「商売で輸出・輸入している方々を色々お手伝いする会社」と説明したりするのですが、
今回は、もうすこしだけ詳しくお話しさせていただきます。

まず「商売で輸出・輸入している」とは、いわゆる「貿易」のこと。
「商売」とは、誰かからモノを買い、それをそのまま、あるいは別のモノと組み合わせたり加工したりして、また別の誰かに売ること。
そして、売りたい相手あるいは買いたい相手が、自分のいる国ではなく、たまたま海外にいた場合、
貿易(輸出・輸入)が行われることになります。
というわけで、貿易も、自国内での商売と何も変わらず、
売買したい商品があり、売買相手を見つけて、価格や条件を交渉することからスタートします。

ここで、我々がお手伝いできるのは、
その商品の輸出・輸入に規制など無いか調べ、有る場合は、その対応策などを、お伝えすることです。
自国内で、特に問題無く流通している商品であっても、
海外相手となりますと、日本はもちろん各国様々な規制などがあり、
この点を、商談に入る前に確認しておき、対応策についても合わせて話し合っておかないと、
商売自体が成立しないこともあるので、注意が必要です。

そして、次にお手伝いできるのは、海外相手の輸送料金やスケジュールなどを提示することです。

自国内の商売でも、商談中どこかのタイミングで、
トラック業者さんなどに、商品の重量・容積そして納品先などをもとに、金額や配送日数を確認し、
売買相手と話し合うことになると思います。

海外相手の場合、輸送にかかる金額や日数は、国内と比べ大きく・長くなるため、
商談においても重要なポイントの一つとなり、事前に確認しておくことが必要となります。

さて、上記をもとに、商談が成立し、実際に商品を送るor送ってもらうことになりました。

ここで、我々がお手伝いできるのは、輸送の手配となります。
具体的には、商品が、輸出者の工場や倉庫から出荷され、輸入者の希望する場所に届くまで、
我々に、通関も合わせて、その全部あるいは一部をお任せいただくことが可能ということです。
(一部の手続きは、輸出者・輸入者本人でないと対応できないこともあるのですが、
 それらも、我々が可能な限りお手伝いいたします。)

自国内の商売であれば、トラック業者さんなど電話1本することで、
商品が問題無く輸送されることもあるでしょう。
これが、海外との輸送となりますと、必要な書類がいくつもあり、
また、打合せおよび手続きする相手も、船会社や航空会社・税関をはじめとする各お役所・港や空港の倉庫
・コンテナ輸送をはじめとする各陸送業者・保険会社など多岐にわたることとなります。

これらは、輸出者・輸入者が、通関も含め、全て、自分自身で行うことも可能ではありますが、
かなりの手間と時間がかかるのは間違いありません。

商売で大事なことは、商談が成立し、その取引が継続して、利益が出ることだと思います。
となりますと、まずは、貿易の商談に必要な情報を国際物流業者から入手し、商談を無事成立させ、
次に、輸送手配も国際物流業者に任せてしまい、
ご自身は、また次の商談を進めていき、どんどん儲けていただくのが良いように考えます。

そういう意味で、我々は「商売で輸出・輸入している方々を色々お手伝いする会社」なのです。
お問い合せはこちら