スタッフブログ
メニュー
「その他 貿易や国際物流」に関すること
「規制(輸出)」に関すること
「規制(輸出入)」に関すること
「規制(輸入)」に関すること
「通関(輸出)」に関すること
「通関(輸出入)」に関すること
「通関(輸入)」に関すること
「輸送(輸出)」に関すること
「輸送(輸出入)」に関すること
「輸送(輸入)」に関すること
国際物流雑学
通関に関すること
輸出に関すること
輸入に関すること
メニュー
商品単価確認の理由
三脚の統計品目番号(HSコード)の誕生
保税検査について
輸入コンテナのフリータイム間違い
【申告外物品や他法令に該当する商品の輸入にご注意下さい】
メニュー
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
株式会社共和商会のサービス
ちょっとカーゴ便
ぐるっとアジア便
輸出入規制リサーチサービス
輸出入手続き
コンテンツ
共和商会の強み
共和商会のサービス
事例紹介
プロのアドバイス
会社案内
よくある質問
お問い合せ
スタッフブログ
お問い合せ
株式会社共和商会
〒550-0021
大阪府大阪市西区川口3-6-24
TEL:06-6581-1431
FAX:06-6581-1433

「通関(輸出入)」に関することの記事

2019年02月22日

三脚の統計品目番号(HSコード)の誕生

こんにちは。
通関士の橋本 挙裕(たつひろ)です。


例えば、カメラの三脚は、カメラをネジで固定し、向きや角度をつけるのが役割です。
セルフタイマーにして、記念写真を撮るときに、活躍しているかと思います。


中には、足が一本であれば、「一脚」二本であれば「二脚」というのも
同じ仲間になります。


三脚は、一般に売られているとき、
カメラ屋さんでは、カメラの付属品、アクセサリーとして売られています。


三脚の統計品目番号(HSコード)が、誕生するまでは、
カメラをのせるための三脚であれば、カメラの付属品、
他には、望遠鏡をのせるための三脚であれば、望遠鏡の付属品に分類され、
何を乗せるか、用途がきまっていないものは、材質で分類が決まっていました。
そのため同じ三脚でも、その時々で、統計品目番号(HSコード)が変わっていました。


そんな中、統計品目番号(HSコード)が見直され、改正された結果、
三脚は、2017年の1月1日より、  
固有の統計品目番号(HSコード)「9620.00」として誕生しました。


固有の統計品目番号(HSコード)が、誕生したということは、
国としては、三脚がどれくらい国内に入ってきているか、又は出て行っているかを
その名の通り統計を取り、管理する必要があったからです。


その要因一つに、「自撮り棒」の登場も関係しているのではと思っております。
(自撮り棒は、一脚になります)
特にここ数年、多くの場所で見かけるようになり、有名にもなり
これそのものが、携帯電話の付属品というよりも、
ひとつの商品として、価値が出たからではないでしょうか


あらゆる物が、いずれかの統計品目番号(HSコード)に振り分けられる中、
「三脚」のように、具体的な名称で番号がある一方で、
統計品目表には、具体的な名称がない場合も沢山あり、
その場合は、行き場所がないため「その他」に振り分けられます。
次に、「三脚」のように独り立ちする商品が何になるのか、興味のあるところです。

お問い合せはこちら