スタッフブログ
メニュー
「その他 貿易や国際物流」に関すること
「規制(輸出)」に関すること
「規制(輸出入)」に関すること
「規制(輸入)」に関すること
「通関(輸出)」に関すること
「通関(輸出入)」に関すること
「通関(輸入)」に関すること
「輸送(輸出)」に関すること
「輸送(輸出入)」に関すること
「輸送(輸入)」に関すること
国際物流雑学
通関に関すること
輸出に関すること
輸入に関すること
メニュー
NACCSについて
革靴の輸入について
仕入書価格における値引きの注意点
モーターボートの輸入
申告外物品について
メニュー
2018年11月
2018年10月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
株式会社共和商会のサービス
ちょっとカーゴ便
ぐるっとアジア便
輸出入規制リサーチサービス
輸出入手続き
コンテンツ
共和商会の強み
共和商会のサービス
事例紹介
プロのアドバイス
会社案内
よくある質問
お問い合せ
スタッフブログ
お問い合せ
株式会社共和商会
〒550-0021
大阪府大阪市西区川口3-6-24
TEL:06-6581-1431
FAX:06-6581-1433

「通関(輸入)」に関することの記事

2018年10月29日

革靴の輸入について

こんにちは
今回は渡辺がブログを担当します。

今回は、革靴の輸入についてです。
一般的に、商品を輸入する際、
品物の種類によって、関税率が異なるのですが、
革靴については、非常に高い税率が設定されています。
(例えば、種類によっては、30% または一足あたり¥ 4,300の高いほうを適用となります)

しかし、革製品や革靴の輸入にあたって、関税割当制度を利用すれば、
一定の数量まで、通常よりも低い関税率で輸入することができます。

関税割当制度は、経済産業省に申請し、
年度ごとに決められた数量の割り当て枠が記載された、
関税割当証明書を入手することで、
輸入の度に関税率の軽減をすることができます。

注意しなければならないのは、革靴のなかでも、
スキー靴のようなスポーツ用の靴、
また、トレッキングシューズやランニングシューズのような、
クッション性、通気性があるものに関しては、関税割当の対象外となります。

靴の分類については、形状、素材が占める割合などで、HS CODEが細かく分かれます。
予め税率を知り、必要であれば関税割当を使用する場合は、事前によく商品について
調べておき、場合によっては事前教示制度を利用するのもよいかもしれません。

また、実際の輸入の際に、HS CODEが細分化されているため、
税関により、甲や靴底の材質、機能性、革を使用している場合はその種類(学名)などの
確認をされる場合があります。
事前に仕様書などの商品資料を用意しておけば、
スムーズな通関の助けになるのではないかと思われます。



お問い合せはこちら