スタッフブログ
メニュー
「その他 貿易や国際物流」に関すること
「規制(輸出)」に関すること
「規制(輸出入)」に関すること
「規制(輸入)」に関すること
「通関(輸出)」に関すること
「通関(輸出入)」に関すること
「通関(輸入)」に関すること
「輸送(輸出)」に関すること
「輸送(輸出入)」に関すること
「輸送(輸入)」に関すること
国際物流雑学
通関に関すること
輸出に関すること
輸入に関すること
メニュー
インコタームズについて
荷印(シッピングマーク)について
南港でのコンテナについて
輸入貨物の国内輸送について
サポーターの分類
メニュー
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
株式会社共和商会のサービス
ちょっとカーゴ便
ぐるっとアジア便
輸出入規制リサーチサービス
輸出入手続き
コンテンツ
共和商会の強み
共和商会のサービス
事例紹介
プロのアドバイス
会社案内
よくある質問
お問い合せ
スタッフブログ
お問い合せ
株式会社共和商会
〒550-0021
大阪府大阪市西区川口3-6-24
TEL:06-6581-1431
FAX:06-6581-1433

「輸送(輸出入)」に関することの記事

2017年10月05日

コンテナの国内輸送について

今回は林田が担当いたします。

今回はコンテナの国内輸送について書かせていただきます。

コンテナの国内輸送につきましては、以前にも書かせていただきました。


コンテナは、安全性の確保及び環境保全の観点から法律で積載重量が規定されており、

20FEETコンテナの場合ですと2軸シャーシでは約18t、
3軸シャーシでは約21.5tまで、
40FEETコンテナの場合ですと2軸シャーシでは約20t、
3軸シャーシでは約26tまでが積載重量となっているとの旨を書かせていただきました。


しかし上記の積載重量以外の理由にて3軸シャーシが使用されることもあります。

どういった場合かといいますと、狭い道路を通る場合です。

3軸シャーシを使用しますと、2軸では入れない狭い道路にも、
入ることができることがあります。


なぜかといいますと、3軸シャーシは、通称「奥ピン」といいまして、
シャーシとヘッドの連結ピンが少し奥にあるからです。
(40FEETのコンテナのシャーシに限ります。
20FEETのコンテナのシャーシは2軸も3軸もピンの場所はほぼ同じです)

下記の写真をご覧いただきますと、

40FEET 2軸


40 2軸 A.jpg


















40FEET 3軸

40 3軸 A.JPG


















写真を見ますと、3軸のほうがコンテナシャーシとヘッドが近くなっております。
これによりわずかですが、3軸を使用しているほうが、全長が短くなることがわかります。
ですので、道を曲がる際に、3軸のほうが曲がりやすくなります。

3軸シャーシは重量がかなり重いコンテナを運ぶために使用されるものとして、作られており、
カーブを曲がる際に発生する遠心力を少しでも少なくし、横転しにくいように,
連結ピンが奥にあるものと考えられます。

倉庫への道幅が狭く苦労しておられる方は、
一度、3軸シャーシでの納品をご検討いただくのもいいのかもしれません。

お問い合せはこちら