スタッフブログ
メニュー
「その他 貿易や国際物流」に関すること
「規制(輸出)」に関すること
「規制(輸出入)」に関すること
「規制(輸入)」に関すること
「通関(輸出)」に関すること
「通関(輸出入)」に関すること
「通関(輸入)」に関すること
「輸送(輸出)」に関すること
「輸送(輸出入)」に関すること
「輸送(輸入)」に関すること
国際物流雑学
通関に関すること
輸出に関すること
輸入に関すること
メニュー
在来船について
輸出する際のフリータイムと保管料について
食品の輸入手続き-食品衛生法以外の規制について
一般的な商品の輸入時の注意点
リチウムイオン電池の輸出について
メニュー
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
株式会社共和商会のサービス
ちょっとカーゴ便
ぐるっとアジア便
輸出入規制リサーチサービス
輸出入手続き
コンテンツ
共和商会の強み
共和商会のサービス
事例紹介
プロのアドバイス
会社案内
よくある質問
お問い合せ
スタッフブログ
お問い合せ
株式会社共和商会
〒550-0021
大阪府大阪市西区川口3-6-24
TEL:06-6581-1431
FAX:06-6581-1433

「輸送(輸出)」に関することの記事

2017年05月26日

輸出する際のフリータイムと保管料について

今週は林田が担当いたします。

今回は輸出する際のフリータイムと保管料について書かせていただきます。


輸出の混載便にて、貨物を輸出する際、
船会社指定の倉庫へ貨物を持ち込むことになりますが、
持ち込み日には、気をつけなければなりません。

メーカーさんや商社さんの中には、
「今月の売り上げで計上したい」や「自社の倉庫のスペースを空けたい」等の理由にて、
倉庫への持ち込みをカット日よりもかなりはやめにされることがあります。

持ち込み日からカット日までの日数が、
7日間?10日間(倉庫によって期間は異なります)はフリータイムとなっておりますが、
それ以上の期間となりますと、保管料が発生してしまいます。

保管料の計算ですが、こちらも倉庫によって多少異なりますが、
おおよそは下記のような計算方法となります。

¥100or¥200 x フリータイム切れ日数 x 容積(M3)

どうしてもフリータイム切れの保管料が発生してしまいそうな場合は、
ブッキング時に船会社さんに事前に相談すると、多少フリータイムの期間を延ばしてくれることもありますので、
交渉してみる価値があるのかもしれません。


また、コンテナにて輸出する際にも、気をつけなければなりません。

コンテナへ貨物を詰めてコンテナヤードへ持ち込みことになりますが、
コンテナヤードでのコンテナの保管場所の確保のため、
カット日の7日前以降ではないと、コンテナを引き受けてもらうことができません。

そうなってしまいますと、コンテナを保管する場所の確保や移動費用だけで、
かなり高額になってしまいます。


ですので、カット日の7日前以降の持ち込みを前提に、
コンテナ詰め作業を行うようにしなければなりません。

こちらの場合でも、ブッキングの際に船会社さんに事前に相談をしますと、
コンテナヤードでの引き取りを1日か2日、早めてくれることもありますので、
余分な費用が発生しないようにできるかもしれません。

お問い合せはこちら