スタッフブログ
メニュー
「その他 貿易や国際物流」に関すること
「規制(輸出)」に関すること
「規制(輸出入)」に関すること
「規制(輸入)」に関すること
「通関(輸出)」に関すること
「通関(輸出入)」に関すること
「通関(輸入)」に関すること
「輸送(輸出)」に関すること
「輸送(輸出入)」に関すること
「輸送(輸入)」に関すること
国際物流雑学
通関に関すること
輸出に関すること
輸入に関すること
メニュー
物流クライシスと国際物流 その壱
港の混雑に対するサーチャージついて
大型連休中の心配事
中国向けリチウムイオン電池輸送の現状について
フリータイムについて
メニュー
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
株式会社共和商会のサービス
ちょっとカーゴ便
ぐるっとアジア便
輸出入規制リサーチサービス
輸出入手続き
コンテンツ
共和商会の強み
共和商会のサービス
事例紹介
プロのアドバイス
会社案内
よくある質問
お問い合せ
スタッフブログ
お問い合せ
株式会社共和商会
〒550-0021
大阪府大阪市西区川口3-6-24
TEL:06-6581-1431
FAX:06-6581-1433

2019年4月

2019年04月19日

大型連休中の心配事

 今週のブログは、志賀が担当させて頂きます。

初めての10連休という、長期の休みが4月27日?5月6日までございます。


我々の仕事で難しいのは、海外のお休みと日本のお休みとの関係で、

連絡が取れなかったり、輸出入の日程調整が難しかったり致します。


この度の大型連休においては、大きく3点の考慮が必要です。


1 輸出におけるB/L発行について

連休中に輸出積載本船が予定どおり出港しましても、

B/L発行の対応が、船会社さんによって異なります。

出港が遅れた場合も含めて、予めの確認が必要となります。


2 コンテナターミナルの稼働について

コンテナターミナルの稼働状況の確認が必要となります。

港やターミナルによって対応が様々なようです。

4月27日?5月6日までお休みするところもあれば、

数日間、時間や作業内容(本船荷役やゲート対応)を限定して

行われるところもあるようです。


3 本船の配船について

ターミナルが本船荷役を行っていても、

これまでの例でもありますが、輸入のみ、輸出のみと限定した受付や

そもそも配船自体をスキップするケースがございます。

すでに、スケジュール上で、配船を取りやめている航路もございます。

事前にこちらの確認も必要です。


その他、フリータイムのカウントの仕方も通常とは異なります。

連休中をカウントしない場合、フリータイムの延長を行った方が

短くなるケースも出てきますので、ご注意ください。

どちらにしましても、連休前後は、相当な混雑が各港で発生すると思います。

くれぐれも、余裕を持った予定が必要となりそうです。



2019年04月05日

中国向けリチウムイオン電池輸送の現状について

いつも弊社のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。 

共和商会の古迫です。 

 

リチウムイオン電池はスマートフォンパソコンの電池、モバイルバッテリーなどとして、身近な存在となっており、弊社でも度々輸出のお問い合わせをいただくことがございます。 

 

ただ、以前のブログでも触れさせていただきましたが、リチウムイオン電池は危険品あるいは準危険品のような扱いとなり、輸送には様々な制約がございます。 
 

こと中国向けに関しましては、2015年の天津港化学品倉庫爆発事故や近年相次いだリチウムイオン電池の発火事故などを受け、海上輸送の難易度が非常に高くなっております。 

 

今回は、中国向けリチウムイオン電池の海上輸送の現状についてまとめさせていただきます。 

  

リチウムイオン電池の輸出には、基本的に下記の梱包や書類等が必須となります。

 

・危険品輸送に適していると認められるUNカートンなどの危険物収容容器 

・容器に貼り付けるClass 9ラベルのうち、電池専用のもの 

・中国語GHSラベル 

・英語および中国語の製品安全データシートSDS 

 
まず、輸出に際しましては、SDSUN容器による梱包が必須となります。さらに2018年以降、リチウムイオン電池には、専用のClass 9ラベルが必要となっています。 

 

中国語のGHSラベルは、事故や問題が発生した場合に備え、現地の緊急連絡先などの情報を記載するもので、中国語のSDSとともに必須化されています。 GHSラベルは、中国側で認められる内容でなければならないため、事前に現地輸入者様に確認してもらう必要があります。

 

これらの梱包および書類を揃えた上で、ブッキングする船社に積載の承認を受けることが必須となります。

また、危険品扱いとなる都合上、積載可能な本船が限られてくるほか、容量が大きい場合などは、船社によっては承認が下りない場合もございます。 

 

輸出可能な港も上海港など一部に限られており、天津港など現時点で危険品の受け入れを行っていない港もございます。 

 

このように、中国向けリチウムイオン電池の輸出につきましては、通常の危険品手配に加え、専用の書類が必要となり、また受け入れ可能な港が限定されているのが現状です。 

 

輸出をお考えの際は、現地輸入者様やブッキング先の船社と念入りに打ち合わせしておかれることをお勧めいたします。