スタッフブログ
メニュー
「その他 貿易や国際物流」に関すること
「規制(輸出)」に関すること
「規制(輸出入)」に関すること
「規制(輸入)」に関すること
「通関(輸出)」に関すること
「通関(輸出入)」に関すること
「通関(輸入)」に関すること
「輸送(輸出)」に関すること
「輸送(輸出入)」に関すること
「輸送(輸入)」に関すること
国際物流雑学
通関に関すること
輸出に関すること
輸入に関すること
メニュー
海上保険について
アライバルノーティスとは
革靴の関税割当
在来船について
輸出する際のフリータイムと保管料について
メニュー
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
株式会社共和商会のサービス
ちょっとカーゴ便
ぐるっとアジア便
輸出入規制リサーチサービス
輸出入手続き
コンテンツ
共和商会の強み
共和商会のサービス
事例紹介
プロのアドバイス
会社案内
よくある質問
お問い合せ
スタッフブログ
お問い合せ
株式会社共和商会
〒550-0021
大阪府大阪市西区川口3-6-24
TEL:06-6581-1431
FAX:06-6581-1433

2017年6月

2017年06月23日

革靴の関税割当

こんにちは。
通関士の橋本 挙裕(たつひろ)です。

商品を輸入するにあたって
避けられない費用として関税があります。(品目によって無税もあります。)

中でも革靴は、高い関税の品目であり、革靴の種類によっては、
関税が申告価格の30%又は¥4,300.-/足で計算して、どちらか高い方が課税されます。

そこで、輸入制度の中には、一定の数量までは消費者を守るために
通常より低い税率(革靴:20%前後)に、
一定の数量を超えるものは、生産者を守る為に、
通常の税率に戻るという2重の税率制度があります。
これを「関税割当制度」といいます。

適用される品目は、革靴、皮革及び農産品(とうもろこし、バター等の指定された品目)で
およそ20品目に限られていまして、その中から性状、機能面等で、
適用できるものとできないものがさらに絞られます。

革靴は、機能面が関税割当の適用に関わってきます。
具体的には、「衝撃吸収性」「通気性」「アキレス腱を保護する形状」の
機能があるものは,革靴の中でも、関税割当ては、適用出来ないのです。

一言に革靴といいましても多種多様にわたり、いくつか例を挙げて振り分けてみますと
ビジネスシューズ、サンダルは、機能性がないとみなされ適用できます。
(但し、なぜか「スリッパ」は、適用できない品目になりますのでご注意です。)
サッカーシューズ、ジョギングシューズ等、スポーツ用や運動用のものは、
機能性があるとして適用できないのです。

例に挙げさせていただいたものは、あくまでも、一般的な解釈からお伝えしましたので
革靴を輸入される際、「関税割当」の適用を考えておられても
場合によっては、適用できない可能性もありますので、
実際の革靴の特徴を、事前に把握されることは大事になります。

因みに、以前お伝えしました「輸入割当」という、よく似た言葉がありますが、
どちらも、一定の量が基準なのは同じです。
「輸入割当」は、水産品など非自由化物品が対象なので一定の量を超えると、
輸入はできなくなります。
それに対し「関税割当」は、一定の量を超えても、関税が通常に戻るだけで、
輸入はできますので、誤解のないようお伝えしておきます。

2017年06月09日

在来船について

いつも弊社のブログをご覧いただきありがとうございます。
今週は川本が担当させて頂きます。

現在の貿易では、貨物をコンテナと呼ばれる鉄製の大きな箱に詰めこみ、
コンテナを船に積むコンテナ船で輸出入されるの形態が主流となっています。
このコンテナ(船)の登場により、輸送コストや燃料費の削減、
物流の所要日数が大幅に削減されました。

しかしながら、現在でもコンテナ船以前に主流だった
在来船と呼ばれる船も存在しています。
この在来船では、貨物の形状によりコンテナに詰め込むことが困難な貨物や
大型な貨物を船積する場合に利用されます。
例えば、車や大型機械、電車、長尺ものなど、コンテナに詰めるのに
適さない貨物が利用例として挙げられます。

コンテナ詰めされる貨物はCFS(コンテナフレートステーション)
と呼ばれる倉庫で貨物のコンテナ詰め作業が行われますが(混載積みの場合)、
在来船積みの場合は、貨物が輸出許可になれば、本船荷役の行われる岸壁まで運搬し、
クレーンなどで直接船に積み込まれます。

多くの種類の貨物が積込可能な点が長所ではありますが、注意点もあります。
積込にはコンテナ詰め作業に比べ、多くの手間がかかる上、天候などにより
作業に遅れが生じることが多くありますので、本船出港が予定通りにいかないことが
多くあります。

近年ではコンテナ船が在来船よりも主流となっていますが、
貨物の種類などにより、今もかつての主流だった在来船も利用されているのです。