スタッフブログ
メニュー
「その他 貿易や国際物流」に関すること
「規制(輸出)」に関すること
「規制(輸出入)」に関すること
「規制(輸入)」に関すること
「通関(輸出)」に関すること
「通関(輸出入)」に関すること
「通関(輸入)」に関すること
「輸送(輸出)」に関すること
「輸送(輸出入)」に関すること
「輸送(輸入)」に関すること
国際物流雑学
通関に関すること
輸出に関すること
輸入に関すること
メニュー
危険品の輸出について
はじめまして
コンテナ輸送について
年末年始の輸出入
通関士の必須アイテム
メニュー
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
株式会社共和商会のサービス
ちょっとカーゴ便
ぐるっとアジア便
輸出入規制リサーチサービス
輸出入手続き
コンテンツ
共和商会の強み
共和商会のサービス
事例紹介
プロのアドバイス
会社案内
よくある質問
お問い合せ
スタッフブログ
お問い合せ
株式会社共和商会
〒550-0021
大阪府大阪市西区川口3-6-24
TEL:06-6581-1431
FAX:06-6581-1433

2016年1月

2016年01月22日

コンテナ輸送について


こんにちは
今回は渡辺がブログを担当します。

今回は、コンテナ輸送における注意点についてです。

普段、エアー便等の小口で輸入をしていて、
輸入ロットが増えたため、船便への切り替えを検討される荷主様も多いかと思います。

さらに、エアー便から、LCL(混載船便)、FCL(コンテナ便)へと輸入量を増やせば、
一度で大量に、割安な運賃で輸入でき、
大きなスケールメリットを得ることができるでしょう。

また、輸入通関上においても、FCLは、LCLに比べ一日程度納期の時間短縮ができ、
コンテナ貸切により、貨物の保護ができやすくなります。

このように、大口の輸入であれば、FCLにて輸入する事がメリットが大きいのですが、
初めてFCLで輸入する場合、気を付けなければいけないことがあります。

まず、当たり前ですが、コンテナ配送スペース、経路の確保です。
普段倉庫、配送の荷受け場所として使っているスペースをよく見直し、
その場所で本当にコンテナ出しできるかをよく考えなければなりません。

また、コンテナにはシール(封印)がされており、
これを切る「シールカッター」が必要です。

普通のトラックよりも荷台が高くなってるので、
荷卸し作業に手間がかかることが多いです。

このようなことにより、コンテナデバン作業が長時間になった場合、
待機料を請求されてしまう事もあります。

荷卸しの体制を見直し、スムーズに作業する必要がありますね。

これらのことが、狭い日本の土地事情や、人員の問題で、
実際は難しい事も多々あるでしょう。
そういった場合、物流倉庫等に作業を委託することとなるでしょうが、
相応の輸送費、作業費がかかってくるので、
場合によっては、船賃は割高でもLCLにて配送した方が安くなることもあるでしょう。

最後に、コンテナは船会社に返却するものなので、きれいにして返さないと、
洗浄費用を請求される事があります。
掃除、点検をすることを忘れないようにしましょう。
海外現地輸出の際に汚してしまうと、取れにくい泥汚れや、
タイヤ痕などがついてしまい、
残念ながら、日本サイドで、費用を請求される事があります。

コンテナによる輸送は、融通が利きにくく、トラブルの際に余計な費用が発生しがちなので、
特に初回は、配送の打ち合わせを事前によくしておく事が重要です。